Mercedes-Benz S400d AMGラインプラス 左H

2020/01/25 18:00:00

今回の「お宝」いや〜イイ色だぁ〜。Sクラスだから映えるこの色はルビーブラックと云うらしい。
大型セダンはブラックがカッコイイと云ってきたが賓は感じられないのは事実だった。白、シルバー、黒の次はこんなお洒落なSクラスも有りですねぇ〜。
稀少左ハンドルで3リッターターボディーゼルにAMGラインプラスが付いたデモカーアップ車両1,000万円を切った破格値と言えます。Sクラス買うなら「いま、でしょう!」

Porsche Panamera 4 Sport Turismo

2020/01/24 15:00:00

今回の「お宝」ポルシェ  パナメーラ スポーツ ツーリスモのご紹介。
個人的にパナメーラ―はワゴンタイプのスポーツ ツーリスモが似合っていると思う。デビュー当初から存在理由が見えなかったポルシェ版4ドア。4ドアに乗るなら正統派のSなり7に乗れば良いのであって窮屈な4ドアクーペに乗る理由が理解できなかった。しかもモッサリしたリアビューはお世辞にもカッコ良いと思えない。と、ネガティブなお話しでは無くパナメーラらしさが強調されたモデルが登場しており、最近認定中古車デビューが始まりました。浸透に少々時間を擁した事から、市場相場もポルシェファミリーの中でお買い得感があります。ポルシェの大型ステーションワゴンと見ればそれなりの存在理由は有るでしょう。個人的にも好きなモデルでもあります。決算前の償却資産として良い選択かと思います。登録仕立てです。

Mercedes-Benz C180 Cabriolet Sports

2020/01/21 20:00:00

今回の「お宝」前回に続きCクラスカブリオレ メルセデス版のご紹介。
前回AMG版C43と同じホワイトにブルー幌、クリームレザーシートとホイール。エンブレムを見なければ分らないと思います。3年経過したC43と1年のデモカー価格差50万円悩みますかねぇ〜、、

稀少!Mercedes-AMG C43 4MATIC Cabriolet

2020/01/20 13:00:00

今回の「お宝」付加価値は数に比例する!と言える代表メルセデス・AMG C43カブリオレをご紹介。武骨なドイツ車がイタリア人デザイナーの手を借りて作り上げたCクラス。信頼おけるプロダクツに美しいシルエット。「売れない訳がない!」と誰もが成功を信じた力作はやはりヒットした。そして、数の増加と比例する様に市場価格は変動を余儀なくされているのも事実。最近では大分身近になり永く乗ってこそ価値を感じられるポジションです。そんな中で輝きを失わないモデルが存在します。プレミアムカテゴリーに分類されS・E・Cと同デザインを採用するオープンモデルのカブリオレ。メルセデスの最高峰Sカブリオレの縮尺モデル。サイズ的にも普段使い出来るメルセデスのラグジュアリーモデルであり、AMGモデルは稀少性もあり中古車価格も変動幅の少ない手堅いモデルと言えます。さて、紹介車両ホワイトにブルー幌、クリームレザーシートの一番人気仕様。本年5月に初回車検を迎える走行8,000キロ。認定中古車24ヶ月保証が付いて648万円。良い買い物と言えましょう。

私はアルファに乗っている!

2020/01/14 12:00:00

今回の「お宝」功罪の大きいいインターネット。輸入車業界に於いては価格訴求効果が度を超して殺伐とした世界に変えてしまった。昔の様に「俺はベンツ、ビーエム、ポルシェ、、に乗ってる!」なんて自慢声を耳にする機会も無くなった気がする。今では個性の薄れた名ばかりのブランドクルマを条件の良い物から買う時代になったのは残念でならない。圧倒的シアを誇るドイツ勢も数による薄まり効果で如何も光りに力を感じられない。そんな中、永い周期の旅を終えて舞い戻ってきた奴が居る。そう輸入車黎明期クルマ好きが聞き惚れたあの言葉だ。「俺はアルファに乗っている!」前から後ろまで破たんしていないイタリアデザイン。留守中はしらっとメルセデスにイタリアデザインを採用され席を譲ってはいたが、もうそうはいかない!

スペシャル動画「私はアルファに乗っている!」こちらから、

以下、アルファロメオ ジュリア  認定中古車特別車両ご覧あれ!