ルノー 4GTL 

2018/11/13 18:00:00

ルノースペシャルショップCINQ(サンク)さんで見かけた面白そうな奴。
キャトルと呼ばれ商業的に成功した世界初のハッチバック車と考えられている。
生産台数も1992年12月の生産終了まで835万台で、VWタイプ1、フォード・モデル
Tに次ぐモデルチェンジ無しの量産車としては累計台数世界第3位の実績を持つ。
フェイスリフトを繰り返す昨今のクルマ達とは訳が違うのです。
良い物は変わりようが無い!そんなメッセージが伝わってくるようです。
さて、ヤングタイマーになって益々魅力を増すルノーキャトル如何でしょう。
本コーナー「ヤングタイマーに乗ろう!」ですが、今回は「クルマに愉しく乗ろう!」に変更
してご紹介しました。こんなシフトノブ見た事ありますか?

TOYOTA センチュリー5.0 

2018/11/05 11:00:00

世界のTOYOTAが誇る渾身の作品センチュリーです。
そして、誰にでも売ってくれないクルマでもあります。
だから一度は乗って見たい!でも、怖い。
企業、団体の役員車として生まれたセンチュリーはシッカリ償却されるため
中古車になるころには優に10万キロを越えている事が多い。
更に、使用性質上、エンジンを掛けて長時間待機を強いられるためエンジン
ルーム内の熱による熱ダレ(ゴム類等の熱劣化)が発生している個体が多い
と言われる。等々、考えれば中々手が出せないのも事実でしょうか?
で、今回発見した1997年式センチュリー、21年経過して走行5万キロ
と少なく熱ダレも見られない。聞くところによると歴代3オーナーは自らハ
ンドルを握っていたという稀な個体。ミラーがフェンダーでは無くドアに付
いていることや使用感の少ない後部座席を見ても納得できます。
さて、センチュリーらしく使われてこなかった稀な個体。本来なら「お宝」
と紹介すべきと思ったのですが、年式、価格から見てヤングタイマーとして
紹介したいと思います。信頼度の高いトヨタ最高級車ご覧あれ!





 トヨタ センチュリー5.0  ディアルEMVパッケージ装備車
初年度登録1997年 紺 走行50211キロ フロア4速AT 
レザーシート 前席シートヒーター リフレッシュリアシート付
キセノンヘッドライト ETC
車両本体価格 1,280,000円(消費税8%込)

お問い合わせ

ガレージENZO
茨城県牛久市柏田3014−3
TEL 029−878−0911

 

 

 

 


 

Calsson S350 270万円 

2018/10/27 12:00:00



Carlsson 1989年にドイツで設立されたメルセデス・ベンツ車専用のチューニングメーカー。
AMG、BRABUS、Lorinserを始めとした、メルセデス・ベンツがプレミアムカーとして君臨した良き時代の人気役者だった。そして、今回のご紹介するSクラスカールソン。カールソン正規コンプリートカーディーラーであるカールソン浜松によって組み上げられたS350カールソンだ。初年度登録2006年で車齢12年になるが、当時のプレミアム感は失われていないどころか品格も全く失われていない。
 懐かしさもあり舐める様にクルマを一周。全て本物だね〜、ホイールは定番1/16鍛造品で、当時1本30万円だった。エアロ、マフラー、ショックなど装着されている物だけでも車両価格270万円を優に超えている。敢えて言えば12年落ちのSクラスだという事だろう。価格設定の難しさが感じられる。趣味と価値観が折り重なって選ぶクルマなのかも知れない。
以下、正規ディーラーによって組み上げられたCarlsson S350ご覧あれ!


 

お問い合わせ

Carlsson コンプリートカーディーラー
カールソン浜松
岩井自動車販売株式会社 
静岡県浜松町南区安松町91−2
TEL.053−462−7721

 

 

 

フィアット パンダ 1100セレクタ 88万円

2018/10/25 17:54:23

 フィアットが誇る偉大なロングセラーモデルといえばこれです。最近、ほとんど見かけなくなった「パンダ」。登場したのは1980年、オイルショックの影響から経営的に厳しい状況にあったフィアット社からの委託により、ジウジアーロ率いるカロッツェリア・イタルデザインが開発を担当しています。そして、「パンダ」は大ヒットを記録、1999年まで生産が続けられ、世界中の人に愛されるモデルとなります。

ジウジアーロらしい直線的なラインで構成されたボディは、全長3380・全幅1460・全高1445mm、スズキ・ハスラーよりも若干小さいサイズとなります。写真のクルマは、1998年式1100セレクタですから、1.1リッターエンジンを搭載、トランスミッションはCVT、前輪を駆動します。

 ところで、希少車、人気のWサンルーフ、6.8kmという走行距離、内外装のコンディションを考えると非常に安い! 実は、パンダはこのあたりが相場なのです。同じ時代のVWゴルフT/U、クラシックミニなどの程度良好車は、とても88万円では買えません。やはり、パンダは中古車になっても大衆の味方なのでしょう。泣かせます。それはさて置き、残していかなければならない名車であることは間違いないと思います。

フィアット パンダ 1100セレクタ

初度登録:1998年 車検:2年付き 走行:6.8km 外装色:グリーン Wサンルーフ スポルティーバ用アルミホイール CVT 左ハンドル 車両本体価格:88万円 

 

お問い合わせ 

COLLEZIONE 

株式会社コレツィオーネ 

東京都世田谷区等々力7-2-32 

TEL.03-5758-7007

 

 

アルファロメオ ジュリア2000GTV 1974年式 368万円

2018/10/19 17:29:28

 

 

アルファが後輪駆動のセダンを、往年の名車「ジュリア」の名でリリースしたニューモデルが話題を集めていますが、このコンテンツでは、もちろん初代「ジュリア」をご紹介します。東京・世田谷の「コレツィオーネ」で見つけたのは、1974年式の高性能クーペ「ジュリア2000GTV」です。

 

 

ジュリアは、ジュリエッタの後継として、小型軽量のボディに高出力のDOHCエンジンを積んだスポーティセダンとして1962年に登場しました。翌年にはジウジアーロのデザインによるクーペボディのスプリントGT系がリリースされます。写真のクルマは、ジュリアの最後期となる1971年に登場した2000シリーズの「GTV」。スタンダードモデルの1750ccエンジンの排気量を1960ccまで拡大させた高性能ユニットを搭載、132馬力を叩き出します。当時、メーカーが発表した最高速は200km/h、まさにアルファきってのグランドツアラーです。

 

 

全長4100×全幅1580×全高1310mm、アルファのベルリネッタらしいコンパクトでエレガントなシルエット。大きな丸目のヘッドライト、8本のメッキバーで構成される盾、またテールランプが大型化されていることがエクステリアの特長となります。

 

 

最近は走行可能な個体数が激減しているという初代ジュリア。そろそろ、コレクターズアイテムの領域に入るクルマなのかもしれません。とにかく残していかなければならない名車だと思います。

 

 

 

アルファロメオ ジュリア2000GTV

初度登録:1974年 車検:2年付き 外装色:紺 5MT 左ハンドル 車両本体価格:368万円 

 

 

 

お問い合わせ

COLLEZIONE

株式会社コレツィオーネ

東京都世田谷区等々力7-2-32

TEL.03-5758-7007